プラセンタとは?

プラセンタとは何か

プラセンタの効果プラセンタとは、私たち人間や動物など哺乳類が、妊娠中に体内に作る臨時の器官である胎盤(※)のことを言い、英語では「Placenta」と書きます。

最近では、プラセンタを原料に使用した製品のことを指して「プラセンタ」と言う場合も多いようです。

胎盤とは?

胎盤は、お腹の中の赤ちゃんを育てるために、子宮の内壁に臨時で作られる器官です。赤ちゃんへ酸素や栄養を送るなど大切な役割を担い、赤ちゃんの体を作るために重要な、豊富でバランスの良い栄養素が含まれています。

含まれる成分

タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルといった5大栄養素が、バランス良く含まれています。

中でも、積極的に摂りたい成分である酵素(こうそ)、核酸、ムコ多糖体なども含まれています。

そしてプラセンタの最も特徴的な成分である成長因子も含まれています。

プラセンタの安全性と副作用

安全なサプリメントプラセンタは、安全性が高いといわれています。

プラセンタを配合したサプリメントは、菌やウィルス、ホルモンなどは取り除かれて、検査されてから製品化され市場に出ますので、スーパーに並んでいる肉や野菜などと比べても安全性は高いといえます。

実際に、プラセンタには重大な副作用の報告は一例も無いようです。

ただし、プラセンタ注射の場合は、血液を通しての人から人への感染の可能性が完全に否定できない病気があります。そのため、プラセンタ注射を受けた後は献血が出来ないことになっています。(プラセンタ注射はヒトの胎盤エキスを使用しています)


このページのトップへ戻る