プラセンタの安全性について

プラセンタの安全性と副作用

プラセンタには、今のところ注射やサプリに関しての重大な副作用の報告はないとされています。菌やウィルス、ホルモンを含まない安全なものであるといえるでしょう。

安全なサプリメント一般的に、副作用のない薬はないと言われています。ほとんど副作用のないと言われている薬でも、時々は副作用の報告があるものです。

プラセンタは化学合成して作られた薬とは違い、私たちと同じ哺乳類の胎盤から有用な成分だけを抽出したものですので、安全性は高いと考えられています。

菌やホルモン

精製される前の胎盤の状態では菌やウィルス、ホルモンを含んでいますが、精製する段階で除去されます。

スーパーの食料品売り場に並んでいる肉や魚、野菜などの生鮮食品には、もちろんこのような処理はされていませんし、家庭では除去しづらい残留農薬なども含まれています。

普段私たちが口にしている食品よりも、安全性が高いと推測できます。

BSEとの関係

狂牛病問題が発生する以前は、牛の胎盤がプラセンタ原料として使用されていました。しかし現在では牛の胎盤の使用は禁止されています。

プラセンタ注射後は献血が出来ません

プラセンタ注射による重大な副作用は今まで一例もありません。

しかし、vCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)が、ヒトからヒトに血液感染することが100%ないと言い切ることが出来ないため、プラセンタ注射をしたことのある人は献血をしてはいけないことになっています。

プラセンタサプリに関しての注意事項

プラセンタは薬ではありませんので、他のサプリメントや薬と一緒に飲んでも問題ありません。ただし、プラセンタに限らず、薬を飲むときはサプリメントを併用しても良いかを医師に相談しましょう。

また、栄養素の中には摂りすぎると良くないものがありますので、プラセンタサプリの過剰摂取や、その他のサプリと併用する場合は合わせて過剰摂取になる成分がないかチェックしましょう。

また小さな子供やお年寄り、妊娠中・授乳中の女性が飲んでも大丈夫とされていますが、人それぞれ状況は異なりますので、妊娠中・授乳中の方は医師に相談してから飲むことをおすすめします。

プラセンタも食品ですので、肉や卵などの他の食品と同様に、かゆみを感じるなど体に合わない方もまれにいらっしゃるようです。


このページのトップへ戻る