プラセンタサプリメントの原料

プラセンタ原料の質が、サプリを選ぶポイント

プラセンタエキスは、哺乳動物の胎盤から抽出されます。胎盤とは胎児に栄養を送るなどの役割を持つ、妊娠中に作られる臨時の器官のことです。

この胎盤の品質によって、プラセンタがサプリメントになったときに持つ力は大きく違います。

プラセンタサプリメントの原料として使用されている哺乳動物は、主に豚や馬です。また、羊の胎盤も原料として使用されます。

ですが、どんな種類の動物が原料であるかということよりも、その哺乳動物が徹底管理の下、衛生的な環境で育てられているかということの方が重要です。

衛生的な環境で、飼料にもこだわって育てられた動物の胎盤は、栄養成分も豊富です。しかも雑菌などが少ないため過度な滅菌処理を必要としないので、大切な成分を壊さずにサプリにしやすいと言われています。

当サイトでは、馬ならばサラブレッド、豚ならばデンマーク産SPF豚をオススメしています。羊はBSE問題があるためニュージーランド産以外のものはありません。

馬馬の中でもサラブレッドはプラセンタの原料として大変優秀だとされています

サラブレッドとは、競争用に品種改良され、厳格に血統が登録された馬のことです。飼育法に関して定められた基準は特にありませんが、1頭1頭が貴重なため、高度な技術を持つ牧場で大切に育てられていることが多く、衛生的で高品質な原料であるといえるでしょう。

豚を原料にしたサプリメントと比べるとやや高額ですが、最近では馬のプラセンタの方が人気が高い傾向にあるようです。

豚デンマーク産の豚」と「SPF豚」は、一般的な豚とは品質が大きく異なります。

デンマークは酪農畜産国として世界トップで、農業を国家体制で行なっているため、日本と比べてはるかに高い技術を持っています。

豚に関しても全頭がIDで管理され、豚舎や輸送車ほか各種設備の殺菌、ホルモン作用のある物質や抗生物質の使用は禁止、薬は獣医による治療時のみ、など、デンマーク政府の非常に厳しい管理下で衛生的に育てられています。

SPF豚は、SPF豚農場認定委員会が認定した農場でのみ生産されます。

飼料はSPF豚専用のもの、健康診断結果や薬剤使用量などを協会に報告する義務、部外者の農場への立ち入り禁止、作業前にはシャワーをしてから専用の作業着を着て行う、など、厳しい基準が設けられています。

羊羊は他の動物よりも生命力が強く、高い免疫力を持っているため耐病性に優れています。また、人の体への適応性が非常に高いため、細胞のドナーとして最適な動物なのだそうです。

セルセラで使用されている羊は、BSEが未発生の世界唯一の国ニュージーランドの、その中でも特に汚染されていない環境で育てられています。この羊は医療用として育てられ、全頭が健康状態や生育環境、餌などを細かく管理され、ニュージーランド政府の認定書が発行されます。

プラセンタの原料としてはあまりにも贅沢で、特別な原料といえるのではないでしょうか。


このページのトップへ戻る