プラセンタは品質が大事

プラセンタサプリは品質が大事

プラセンタサプリ選びに最も重視して頂きたいポイントは、品質の高いサプリメントを選ぶということです。

プラセンタの重要成分、「成長因子」は、品質の良くないプラセンタサプリには含まれていない場合が多いからです。

この「品質」を見極める大きな目安となるのは、「プラセンタの原料の品質」と、「製造方法にこだわっているかどうか」、の2つのポイントです。

原料

原料プラセンタは哺乳動物の胎盤を原料に使用して作られます。原料(胎盤)が優れていることは、高品質なプラセンタサプリメントを作るためにはとても重要だといえるでしょう。

原料には、豚、馬、羊などがありますが、原料の種類よりも、衛生的な環境で徹底管理して育てられていることが大切です。

衛生的な環境で、飼料にもこだわって育てられた動物の胎盤は、栄養成分も豊富です。しかも雑菌などが少ないため過度な滅菌処理を必要としないので、大切な成分を壊さずにサプリにしやすいと言われています。

製造方法

プラセンタのサプリメントは、哺乳動物の胎盤をもとに作られます。

胎盤には細菌やホルモンなど有害なものも含まれているため、現代では有効成分だけを抽出して使用しています。

問題は、この有効成分の中でも特に重要な成分がが非常に壊れやすいということです。ですから、この成分を壊さずにサプリを製造するには、非常に高度な技術を必要とします。そのため、かなりのコストが掛かってしまいます。

高価なことで知られるプラセンタですが、安い原料を使用して簡単な方法で製造すれば、安く作ることも出来ます。

しかしそのようなプラセンタサプリには、プラセンタの大切な成分の多くは残っていない場合が多いと考えられます。


このページのトップへ戻る