プラセンタ療法

プラセンタ療法とは

プラセンタは、病院の様々な診療科で様々な病気の治療や改善に使用されています。

治療薬は厚生労働省の認可を受けた注射剤、ラエンネックかメルスモンのどちらかが使用されます。これら2種類以外のたとえばサプリメントなどはプラセンタ療法ではありません。

更年期障害、乳汁分泌不全、肝障害の場合は保険が適用される場合がありますが、これ以外は自由診療となり自己負担です。

プラセンタ療法のメリット

プラセンタ療法プラセンタを使わなくても、現代にはその病状にもっと適した薬があるのでは?と思われるかもしれませんが、プラセンタを使用することには多くのメリットがあるのです。

まず、副作用がほとんど無いということです。注射した箇所が赤くなったり痒みを感じたりという軽微な副作用はあるものの、一般的な科学合成薬のような副作用はありません。

また、科学合成薬のように何らかの作用を強制的に行わせるのではなく、体が本来持っている自然治癒力を高めることで治癒を促すため、体に優しく安全な治療法だといえるでしょう。

プラセンタ注射

プラセンタ注射プラセンタを用いた治療法には内服薬や塗り薬などもありますが、多くの場合は注射で行われます。

プラセンタの有効成分を体内で活躍させるためには、皮下注射か筋肉注射で投与する必要があり、この方法が一般的です。しかしプラセンタ注射に関する知識の乏しい医師は、静脈注射や点滴などを行うこともあるようです。


このページのトップへ戻る