プラセンタの美肌効果

プラセンタで美肌作り

肌は、一番外側の表皮、その内側にある真皮から成ります。プラセンタは表皮と真皮の両方に作用します。

肌の構造肌にはバリア機能が備わっているため、化粧品では真皮まで有効成分を浸透させることは難しく、また化粧品を付けた部分にしか効果がありません。

体の内側から効くサプリメントであれば、摂取した成分が血液に乗って真皮や皮下組織にまでそれらの成分を届けることができますし、顔だけでなく全身に作用します。

表皮の再生

表皮の構造とターンオーバー年齢によっても異なりますが、肌の表皮は28日周期でターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しています。表皮の下の方で新しく作り出された組織が、28日間かけてどんどん外に押し出され、最後には剥がれ落ちます。

若い頃は肌はターンオーバーの周期が早いので、シミやくすみが出来にくく、出来てもすぐに消えます。

しかし、年齢とともにターンオーバーの周期は遅くなっていきます。すると古い皮膚が長く肌にとどまっていることでくすんでしまったり、発生したメラニン色素が正常に肌の外に排出されないためシミが出来てしまったりしてしまいます。

白く透明感のある肌を作るには、ターンオーバーが正常に行われている必要があります。

EGF(上皮細胞増殖因子)

プラセンタに含まれる成長因子の一つ、EGF(上皮細胞増殖因子)は、表皮の細胞分裂を活発化し、ターンオーバーの周期を正常に保つ働きをします。

血行の促進作用

血液は、体中に栄養を届け、老廃物を回収するという働きを持っています。プラセンタの血行促進作用は、表皮の再生に必要な栄養素を適切に届けて、肌のターンオーバーを助けます。

活性酸素の除去作用

活性酸素は肌をさび付かせ、老化させてしまう原因となります。活性酸素を除去することで、肌を若々しく健康に保つサポートをしてくれます。

真皮の再生

真皮を主に構成しているのは、網目状に張り巡らせているコラーゲンと、コラーゲン同士を結びつけているエラスチン、そしてコラーゲンの間を満たしているヒアルロン酸です。この3つの成分がバランスよく存在することで、真皮は健やかに保たれます。

このうちの1つでも減少してバランスが乱れると、肌は弾力やみずみずしさを失い、たるみやシワ、毛穴の開きの原因となってしまいます。

プラセンタに含まれる成長因子の一つ、FGF(繊維芽細胞増殖因子)は、繊維芽細胞を活発化することでコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進するといわれています。

真皮の構造コラーゲン

化粧品に配合されているコラーゲンは保湿成分として働きますが、真皮に存在するコラーゲンは肌に弾力を与える役割をしています。

エラスチン

コラーゲンは網目状に存在する繊維状の成分ですが、このコラーゲン同士を結びつけているのがエラスチンです。

網に結び目がなければ、バラバラで網としての役割を果たしませんが、繊維が重なり合う箇所でしっかりと結びつけることで、強力な網となります。エラスチンはこの結び目としての役割をし、コラーゲンの網を強力にします。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は優れた保湿性を持ちます。たくさんの水分を抱え込み、必要に応じて表皮に水分を送り出します。


このページのトップへ戻る