プラセンタの滋養強壮効果

プラセンタで元気な体を作る

毎日を元気に過ごすためには、疲労を溜めないこと、疲れにくい体を作ること、そして精神的な疲労の回復も重要です。

睡眠による疲労の回復

疲れを回復する疲れをとるためには、ぐっすりと質の良い睡眠をとる必要があります。質の良い睡眠をとれば、短い睡眠時間でも疲労を回復することが出来ます。

しっかりと休みを取るには、自律神経の働きが重要となります。

自律神経は交感神経と副交感神経から成りますが、この副交感神経は夜の神経とも呼ばれ、体を休めるために働きます。自律神経が乱れると、休まなくてはならないときに上手に体を休めることが出来ません。

プラセンタを飲むとぐっすり眠れるようになったと感じている人は多いようです。これにはプラセンタの自律神経のバランスを調整する作用などが関係していると考えられます。

エネルギーの有効利用

疲れにくい体エネルギーを消費して疲れても、しばらくすると疲労が回復してまた元気になります。これは疲労物質が体内に散って、また体内でエネルギーが作り出されているからです。

私たちの体には元気の源ともいえるエネルギーが、脂肪やグリコーゲンとして蓄えられています。また、エネルギーを消費したときに作られる疲労物質である乳酸もまた、再利用されてエネルギーとなります。

これらのエネルギー源をエネルギーとして使用するには、必要な物質を必要なときに必要箇所に送り届けられる血行の良さが重要になってきます。それだけでなく、エネルギーの生産・消費には他にも酸素やいろいろな物質が必要ですし、自律神経の働きやホルモン分泌などの体の機能も重要になってきます。

プラセンタにはエネルギーを作り出すために使われる成分が豊富に含まれていますし、血行促進、自律神経の調整、内分泌調整、呼吸促進など様々な薬理作用がありますので、エネルギーを効率よく使える元気な体作りに役立てられると考えられます。

精神的疲労の回復

精神の健康体がだるい、やる気が起きない、エネルギーを補給しても元気が出ないというときは、肉体的な疲労ではなく精神的な疲労の場合が多いようです。原因は主に精神的ストレスです。

プラセンタには精神を安定させる作用がありますので、ストレスからくる精神的疲労を回復する手助けとなることが考えられます。


このページのトップへ戻る