プラセンタ注射の方法

プラセンタ注射の方法

自宅で気軽に使えるプラセンタサプリやコスメとは異なり、プラセンタ注射は外科施術の一種なので、施術を受けるには特定の医療機関に通院する必要があります。

プラセンタ注射の内容は医療機関や目的によって大きく異なるので、初めての方はプラセンタ注射の基礎知識として、おおまかな方法と流れを把握しておくことをおすすめします。

プラセンタ注射を受けるにあたり、チェックしておきたい項目は4つあります。

プラセンタ注射を受けられる場所

プラセンタ注射は主に美容クリニックや皮膚科、内科、婦人科などで受けることができます。

ただ、それぞれ使用している薬剤や費用が大きく異なるので、プラセンタ注射を受ける際は薬剤の種類や予算などに合った機関を選ぶことが大切です。

プラセンタ注射を打つ方法

プラセンタ注射を打つ方法は皮下注射、筋肉注射、点滴注射の3つに分類されます。

このうち最も即効性が高いのは静脈に直接薬剤を注入する点滴注射ですが、そのぶん効果の持続性が低い上、副作用のリスクも高くなる傾向にあります。

一方、皮下注射は血液に乗って成分が循環するぶん即効性は低いものの、効果は最も長続きします。

その中間である筋肉注射は即効性、持続性を兼ね備えた方法と言えますが、他の方法に比べて痛みが強いところが難点です。

それぞれに特徴があるので、自分の目的やニーズに合わせてドクターと相談しながらベストな方法を選ぶようにしましょう。

通院する回数

プラセンタ注射の効果は一定期間しか持続しないため、定期的に通院する必要があります。

通院回数は注射方法や目的によって異なりますが、美容目的の場合は週1~2回、病気治療であれば週1~3回程度が目安となっています。

目的による違いは?

プラセンタ注射は美肌やアンチエイジングだけでなく、肝炎や肝硬変、更年期障害、乳汁分泌不全といった病気の治療にも活用されています。

施術内容に違いはありませんが、病気治療の場合は健康保険が適用されるため、費用を大幅に抑えることができます。

一方、美容目的の場合は健康保険が適用されないため、費用が割高になってしまいます。

実際の費用は医療機関によって異なりますが、美容クリニックの場合、他の医療機関に比べて費用が割高に設定されている傾向にあるので、予算を抑えたい場合は内科や皮膚科、婦人科などの医療機関を検討するのも一つの方法です。


このページのトップへ戻る