オススメプラセンタサプリの選定理由

サプリメントを比較して、オススメを選定

現在通販で販売されている数多くのプラセンタサプリメントの中から、当サイトでご紹介させて頂くサプリメントを絞り込むために、様々なメディアに掲載されているプラセンタサプリメントを調査しました。

調査した結果、候補として挙がったのは以下のサプリメントです。

  「フラコラ プラセンタつぶ5000」「プラセンタ100」「プレミアムプラセンタ」「プララの宝石」「プラセンタラックス」「ミネルヴァプラセンタ」「エスプラセンタ」「プラセンタナチュレ」

馬  「キレイ・デ・プラセンタ」「プラセンタファイン」「エイジングリペア」「母の滴サラブレッド100」「プラセンタEX100」「サラブレッドプラセンタ【Tp200】」「ココロプラセンタ」「プラセンタの泉」「馬プラうるリッチ」「魔女プラ」「ピュルサンプラセンタ」「サラプラ」「プラセンタ01」

羊 「CELL CELLAR セルセラ」「羊プラセンタピュア100」

植物性 「SMCメロンプラセンタ」「ローズプラセンタEX」

この時点であきらかに低品質と判断したサプリメントは候補から除外しており、上記の中には含まれておりません。

それでは、ピックアップしたサプリの「品質」「製造方法」「配合量」「価格」などを比較し、オススメするサプリメントを吟味していきたいと思います。

品質で比較

まず、これらの中からオススメするサプリメントを選ぶ際に重視したのは、サプリメントの品質(原料の質、製造方法)です。

植物性プラセンタや、海洋性プラセンタは、成長因子が含まれていないという理由から、プラセンタに期待する効果を充分に実感できないと考えたため、候補から外しました。

また、品質の観点から当サイトでご紹介するのは、豚プラセンタでは、「デンマーク産」、「SPF」表記のあるサプリのみとし、馬プラセンタは、「サラブレッド」と明記されているサプリメントのみとします。

羊プラセンタは、ニュージーランドの医用羊と記載された商品に限定します。

この時点で以下のサプリメントが候補として残りました。

 「プラセンタ100」「ステラマリア」「プラセンタラックス」「ミネルヴァプラセンタ」「エスプラセンタ」

馬 「キレイ・デ・プラセンタ」「母の滴サラブレッド100」「プラセンタファイン」「プラセンタEX100」「ココロプラセンタ」「魔女プラ」「ピュルサンプラセンタ」「サラプラ」「プラセンタ01」

羊 「CELL CELLAR(セルセラ)」

製造方法の表記を確認

次に、公式サイトで製造方法の表記を確認し、明記されていないサプリや「独自製法」などのような曖昧な表現のサプリは候補から外しました。

また、@cosmeなどの口コミサイトや、楽天、アマゾンなどの通販サイトのみで販売していて、会社概要やサポート面について書かれている公式ホームページがないサプリメントも候補から外しました。

候補として残ったのは以下のサプリメントです。

 「プラセンタ100(酵素分解法)」

馬 「キレイ・デ・プラセンタ(酵素分解法)」「母の滴サラブレッド100(フリーズドライ製法)」「プラセンタEX100(医薬品レベルの特殊技術)」「ココロプラセンタ(酵素分解法)」

羊 「CELL CELLAR(セルセラ培養細胞法)」

配合量、価格で比較

ここで各サプリメントを配合量、価格で比較しました。

まず、「キレイ・デ・プラセンタ」「母の滴サラブレッド100」「ココロプラセンタ」はどれもほかの美容成分を一切配合していない100パーセントプラセンタのみのサプリメントです。

これらの中で、プラセンタ配合量はキレイ・デ・プラセンタが220mgと最も多く、お試しと定期購入価格ともにキレイ・デ・プラセンタが最も安いため、消費者目線で考えるとキレイ・デ・プラセンタを選ぶのがいいと考え、オススメ候補としました。

また、プラセンタEX100は、8種類の美容成分が配合されているにも関わらず、プラセンタ配合量が185mgと多く、その上定期価格がほかのサプリメントと比較して安いため、続けやすい高品質サプリであると判断し、オススメ候補としました。

以上の理由で当サイトでは、「プラセンタEX100」「 セルセラ」「キレイ・デ・プラセンタ」「プラセンタ100」の4つの商品を紹介しております。

当サイトオススメプラセンタサプリメント

 「プラセンタ100」

 「キレイ・デ・プラセンタ」「プラセンタEX100」

 「CELL CELLAR セルセラ」

※おすすめプラセンタサプリの選定は、当サイト内「サプリの選び方」に基づき、独自に判断したものです。オススメしているサプリメントが必ずしもオススメしていないサプリメントより優れているというわけではありませんので、ご了承ください。


このページのトップへ戻る